中古住宅のノウハウ 中古住宅のノウハウ 中古住宅のノウハウ

ブログパーツ

ブログパーツ

茨城で不動産購入を考える人に人気のあるエリアについて

image

茨城の取手市や守谷市、つくば市は、東京都心部へのアクセスがしやすく、つくばエクスプレスやJR常磐線などを利用すると、30から40分程度で都内へ出ることができるため、東京のベッドタウンとしての役割を果たすエリアです。茨城で不動産購入を考えた場合、東京都や千葉、神奈川に比較して物件の価格は比較的リーズナブルですので、通勤や通学への利便性やコストパフォーマンスを求める方に人気です。

以前では、取手市や守谷市などでは戸建て住宅が人気で、バス便の良いエリアに大型の住宅地がいくつも開発されましたが、近年つくばエクスプレスが開通したことにより、つくばエクスプレス沿線の駅周辺には大規模なマンションが多数建設されています。

つくばエクスプレスは、茨城のつくば市と秋葉原をむすぶ大変便利な交通ですので、駅前にはそれぞれ高層マンションが多く建設されており、どのマンションもかなりの人気です。つくば市は研究学園都市があり、国立大学や国の研究機関が多く集まっています。又、公園や道も非常にきれいに整備されており、デパートやショッピングモールなども多いため、住環境の良さから子育て世代に高い人気を誇るエリアです。

守谷市もつくばと秋葉原の間に駅があり、駅前には非常に多くのビルやマンションが建っています。大規模な商業施設やホテルなどが立ち並び、高速道路のインターチェンジへのアクセスも良いことから、近年守谷に転居してくる人が増加傾向にあります。駅前のマンションの他、戸建て住宅も新しい住宅が増加してきており、駅に近い物件は特に人気です。

取手エリアは、JR常磐線で都内へのアクセスがよく、始発があることから、古くからベッドタウンとして人気のエリアです。このような茨城で人気のエリアに不動産の購入をお考えの方は、散策も兼ね、何度か足を運ばれてみてはいかがでしょうか。それぞれのエリアごとに街の雰囲気や商業施設、インフラなども異なりますので、住居としての購入をお考えの方は、事前のリサーチをおすすめします。